子宮筋腫の全て

子宮筋腫の症状や原因、手術、妊娠と子宮筋腫の関係などについて

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、女性の約5人に1人の割合で発生すると言われている疾患で、妊娠して出産までの間に子供(胎児)が育つ器官である"子宮"にできる良性の腫瘍です。

大きさは小豆大のものから、直径数十センチを超えるものまで様々です。

特に30〜40代の女性に見られることが多いですが、悪性化する可能性は約0.5%程度と高いわけではなく、ほとんど無症状のまま経過していくことも珍しくありません。

sponsored link

MENU

子宮筋腫の全てTOP
┣TOPページに戻ります

原因
┣子宮筋腫の原因ははっきりとは分かっていませんが、乳幼児や小学生にはほとんど見られず、高校・大学生になると徐々に見られるようになってくることから、卵巣ホルモンである"エストロゲン"が関与しているのではないかと考えられています。

症状・痛み
子宮筋腫の症状には、

・生理痛がひどくなる
・生理の血の量の増加
・不正出血
・貧血
・腰痛
・便秘
・不妊
・早産、流産
・性交後の下腹部の痛み

など、様々な症状がありますが、必ずしも何らかの症状が見られるわけではなく、全く自覚症状や痛みが無いという場合も少なくありません。

検査法(診査・診断)
子宮筋腫は一般的にほとんど症状がないことが多いため、気がつかずに過ごしている人が多く、健康診断や人間ドッグなどでたまたま発見されるケースがよくあります。

また、精密な検査を行う場合には超音波検査やMRI、内視鏡などが用いられます。


手術・治療法
子宮筋腫の治療法には、主に薬物療法と手術の二つがありますが、経過観察を行い病状が改善方向に向かっている場合には、そのまま何もせずに様子を見ることもあります。

ただし、経過観察で筋腫の増大傾向が見られるような場合には、悪性化も考慮して切除手術が行われる場合もあります。

また、薬物療法には副作用の少ない漢方と、副作用のリスクは高いけれども高い治療効果が期待できるホルモン療法の2つが主にあります。


術後の注意事項
子宮筋腫の術後には、出血や貧血を防ぐために重いものを持ったり激しい運動をしないことや、便秘にならないように特に気をつけるなど、いくつかの注意点があります。

漢方
子宮筋腫の治療に使われることがある漢方

・大黄牡丹皮湯 (ダイオウボタンピトウ)
・桃核承気湯 (トウカクジョウキトウ)
・桂枝茯苓丸 (ケイシブクリョウガン)
・加味逍遥散 (カミショウヨウサン)
・当帰芍薬散 (トウキシャクヤクサン)
・キュウ帰膠艾湯 (キキョウガイトウ)

漢方薬は子宮筋腫の治療に使用されることがありますが、漢方だけでは不十分な場合もありますので、服用に際しては必ず医師の指示を受けましょう。

最近では漢方を取り扱う病院も増えてきており、保険が使える場合もあります。


病院・名医の探し方
子宮筋腫が疑われる場合、まずは正しい診断を行うことが最も重要ですので、超音波検査やMRIなどの各種検査機器が揃った病院を選ぶことがポイントです。

また、そういった病院には名医と呼ばれる症例数が多く、経験豊富な医師がいることが多いのでご近所の口コミや先生の間での評判なども参考に名医を探してみましょう。

ただし、その際いくつか注意しなくてはならない点もあります。


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


子宮筋腫の全てTOP